革を縫い合わせて、内布をつけて1作目完成

a0046748_16395179.jpg

芯を注文してくるまで、数日かかりましたが、やっぱりこの芯にしてよかったな~という出来だと思います。

芯といえば、内布にも必ず接着芯を貼っています。たぶん衣料用の芯で薄手のものです。

不織布の芯ではなくて、ちゃんと織物の芯で、たぶん普通に買うと1メートル600-700円とかするものです。

不織布の芯は、曲線が出るようなものだと、表にしわが出来るようで・・・特にリバティは不織布芯を貼ってしわしわになって以来使わなくなりました。
織物の芯は、多少伸縮性があるので、表の伸び縮みに対応してくれるようです。


芯はホントに出来上がりを左右する大きなファクターでお値段も安くもないのに注目されることがなくて・・・・

ハンドメイドのお友達が、材料費計算するのに、芯のことを忘れて、ありゃーと思うことがよくあると言ってましたが、確かに・・・・実は名わき役なのに、忘れて費用計上を忘れられるのは、芯の側からみたら気の毒な話です。


a0046748_16395486.jpg


a0046748_16395750.jpg



あれこれ試してこれに落ち着いて、しばらくはこの大きさのものは、今回買った芯で作れそうです。
しわもゆがみもなくきれいに出来ました。

「芯」のありがたみを痛感した今日でした。

びっくりランキング、ありがとうございます。


Tama's Bagへ

裁縫・刺繍 ブログランキングへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ


PVアクセスランキング にほんブログ村

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tama70125 | 2014-10-26 16:56 | がま口 | Comments(0)

バッグつくりと刺繍、いろいろハンドメイド


by tama70125